speed速報!

speed速報!2ch最新、人気、話題スレ、おもしろ画像、芸能ニュース,
様々なジャンル、カテゴリーがある、まとめブログ!
毎日の情報ツールに!(・∀・)イイネ!!!と思ったらフォローお願い致します!。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger, 1947年7月30日 - )は、アメリカ合衆国の映画俳優、実業家、元政治家、元ボディビルダー。2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事を務めた。日本ではシュワちゃんの愛称で呼ばれている。
    59キロバイト (7,310 語) - 2019年5月19日 (日) 09:52



    (出典 theriver.jp)


    護衛の能力はそんなものなのか( ̄^ ̄) 

    1 シャチ ★ :2019/05/19(日) 12:37:50.45 ID:O5rUaoSE9.net

    映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさん(71)が、
    男に跳び蹴りされるハプニングに見舞われた。

    南アフリカでのイベントで、
    記念撮影に応じるシュワルツェネッガーさん。

    すると突然、背後から跳び蹴りを受けた。

    男は、すぐに取り押さえられたが、
    なぜ跳び蹴りをしたかは、明らかになっていない。

    シュワルツェネッガーさんにけがはなく、
    「何も心配することはない。
    集まった人がぶつかっただけだと思った。
    動画を見て、蹴られたと認識した」とコメントしている。

    (フジテレビ) リンク先に動画
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190519-00417881-fnn-int


    (出典 koneko2222.up.seesaa.net)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【『シュワルツェネッガーさんが急に男にドロップキックされる!?』護衛の能力が明らかに!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。広告代理店・マネジメントは株式会社セカンドキャリア。 第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO
    77キロバイト (10,647 語) - 2019年5月20日 (月) 00:00



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    傷一つない勝利!井上尚弥が強すぎましたヽ(;▽;)
     
    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 16:18:47.78 ID:hB0w81Nw9.net

    事実上の決勝も259秒で完敗、
    試合後は「準備は最高だった」が…

    WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は
    18日(日本時間19日)、
    ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ
    (WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)で
    BF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に
    2回1分19秒TKO勝ち。
    破れたロドリゲスは事実上の決勝と呼ばれた
    無敗対決で茫然自失の完敗となったが、
    試合後はキャリア初黒星にも関わらず
    「言い訳の余地はない」と潔さを示している。
    プエルトリコ地元紙「プリメイラ・オラ」が報じている。

    19戦全勝を誇ったロドリゲスが絶望の表情を浮かべた。
    拮抗の1ラウンド目で評判通りの技術を見せたが、
    2ラウンド目に一気にギアを上げた井上に蹂躙された。
    開始30秒に左フックを顔面に被弾するとダウン。
    立ち上がった直後に右の強烈な
    ボディショットを受けると再びダウン。
    鮮血のまま茫然自失の表情で2度、3度と首を横に振った。
    心は折れていたが、立ち上がった。

    記事では「イノウエとロドリゲスは1ラウンド目に
    アグレッシブだった。だが、主役は日本人だった。
    イノウエはロドリゲスに数発の左フックをヒットさせた。
    日本人は規格外のスピードと正確性を示した。
    ロドリゲス最初のダウンはまさに
    左フックがもたらし、鼻血が出始めた。
    数秒後に腹部にソリッドな一撃を受けると、
    ロドリゲスは再び転倒した」と戦況をレポートしている。

    結局、3度目のダウンで完敗を喫したロドリゲス。
    記事では試合後の潔いコメントも伝えている。

    サポートした陣営に感謝「自分たちの仕事をしてくれた」
    「我が同胞へ、勝利をもたらすことはできなかった。
    言い訳の余地はない。
    これまでにないトレーニングを積んできたのだから。
    準備は最高だった。
    我が陣営は自分たちの仕事をしてくれた。
    自分の仕事をするまでだった。
    素晴らしい雰囲気に感謝したい。
    敗北は誰にとっても痛いものだ。
    しかし、我々は止まらない。
    これが終わりでないのだから」

    今大会最大のライバルと呼ばれたロドリゲス。
    キャリア20戦目にして初めて喫した
    黒星にも言い訳することはなかった。
    また、試合前の公開練習で
    トレーナーのウィリアム・クルーズ氏が
    井上の父でトレーナーを務める真吾氏を突き飛ばす騒動を起こし、
    海外から批判を浴びたが、
    自らをサポートしてくれた陣営も擁護する計らいを見せていた。

    モンスター相手に259秒で敗れたロドリゲスは
    元王者に相応しい品格を示し、WBSSから姿を消した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00010001-theanswer-fight
    5/19(日) 12:04配信


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【『井上尚弥がロドリゲスを259秒で圧勝!』敗者「言い訳の余地ない」母国紙でも井上に脱帽】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    misono 手術後のNosukeに「さらに変わり果てた姿」、金銭面も限界(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
    歌手のmisonoが18日、ブログを更新し、精巣がんで闘病している夫でドラマーのNosukeの手術後の姿を「さらに変わり果てた」と大きな衝撃を受けたことを告白。病室を「1 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    misono(みその、1984年10月13日 - )は、日本の女性歌手、バラエティタレント。本名は神田 美苑(こうだ みその)。 京都府京都市伏見区出身。元エイベックス・マネジメント所属。day after tomorrowのボーカル、作詞を担当し、活動休止後の2006年にソロデビュー。夫はロックバ
    33キロバイト (3,283 語) - 2019年4月20日 (土) 12:32



    (出典 pbs.twimg.com)


    病状の経過が気になりますね( ;∀;)


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/18(土) 23:35:23.55 ID:iN0jqqX39.net

    歌手のmisonoが18日、
    ブログを更新し、
    精巣がんで闘病している夫でドラマーの
    Nosukeの手術後の姿を
    「さらに変わり果てた」と大きな衝撃を受けたことを告白。
    病室を「1分くらいで、出ました」と記した。

    misonoは手術当日、
    複数の仕事を抱えていたが、
    事情を知るスタッフらから
    「病院に行った方が良い」とすすめられ、
    「もし何かあったら、後悔してたから…」との気持ちも
    手伝って病院に向かったという。

    深夜0時前に病院側から「終わりました」
    「麻酔が切れたら少しだけ会えます」と告げられ、
    「集中治療室で会えたのは、
    夜中の1時くらいだったかと?!」と記した。
    続けてmisonoは「Nosukeの
    『さらに変わり果てた姿』が、衝撃的すぎて…
    1分くらいで、出ました。
    何も出来ないし、見てられなかったし…」と
    相当なショックを
    受けたことをうかがわせた。

    医師の説明を家族全員で聞いたそうで、
    「取ったモノを見たのですが…
    寝不足、疲労、体調不良は、ピークだったし。
    精神的にも体力的にもスケジュール的にも金銭面も、
    全てにおいて限界だったし…
    『無理矢理、前向きにとらえてきたけど…
    もうポジティブになれなくても、
    仕方ないよね?もう笑わなくて良いよね?
    もう頑張らなくて良いよね?』」
    などとさまざまな思いがめぐったことを記した。

    「『あともう少しだ』と思えたから、
    辛抱できていたのに?もうこれ以上は、耐えられません。と、
    なってしまいました…笑顔でいられたこの私が、
    絶句…『言葉を失う』とは、この事か。
    全てに向き合って来たこの私でも、
    現実逃避したい位…絶望的でしたが」と胸中を表した。

    しかし、ブログで発信することにより、
    「皆様の力になれますように」との思いでブログに書いているという。
    misonoは
    「・早期発見に繋がりますように。
    ・皆様が人間ドックに行ってくれますように。
    ・がん保険のことも意識するようになりますように。
    ・『精巣がん』という病気の正しい情報が
    広まりますように。
    ・Nosuke official Blogの存在を
    知ってもらえますように。
    ・応援し合える人、励まし合える場所、
    支え合える時間が、増えますように。
    ・仕事がしたいというNosukeに、
    オファーがきますように。
    ・misoNosukeが
    『世の為、人の為になれてますように」と
    真摯(しんし)な思いをつづった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16480335/
    2019年5月18日 21時37分 デイリースポーツ




    (出典 bert-bert.com)



    (出典 hochi.news)


    【『misonoブログで悲痛のコメント!』手術後のnosukeに対し更に変わり果てた姿だと告白!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    貴理子の名前は親が女の子は打ち止めだとの考えより、当て字としてあてられた。 2007年1月1日、芸名を「磯野 貴理(いその きり)」へ改名。チャイルズ時代の改名以来2度目であり、理由として「キリコよりキリのほうが語呂がよいと思ったから」と語ったが、2011年7月1日には芸名を「磯野貴理子」へ再度戻している。
    26キロバイト (3,223 語) - 2019年5月19日 (日) 06:51



    (出典 bert-bert.com)


    24歳下の男性と離婚!
    女性としては辛すぎる離婚理由ですね

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/05/19(日) 08:00:55.25 ID:neDjFa980●.net BE:448218991-PLT(14145)


    タレントの磯野貴理子(55)が
    24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことを、
    フジテレビ系
    「はやく起きた朝は」(午前6時30分)の
    番組内で報告した。

    リスナーからの手紙を紹介している際に、
    磯野が2度目の離婚のことを話しはじめ、
    「急だけど、今度離婚することになったのよ」と
    語ると、話しを聞いた松居直美(51)は号泣。
    続けて「急に何だけど離婚が決まりまして、
    直美ちゃんやめて。
    もらい泣きするでしょ。ごめん急に」と話すと
    「みなさんにちゃんと報告を。
    急に旦那の話をしなくなると、
    ちょっと変かなと思って。
    知らない方もいるかと思いますが、
    夫はすごく下なの。24下なの。
    覚悟はしていたとはいえ、
    向こうから言い出した。
    自分の子供がほしいと。
    そうだよね。自然なことだよ。
    分かったと別の道を歩むことになって」と報告した。

    「ちょっと落ち着いて、よくよく考えたら、
    私まだいけるんじゃないかと子供。
    なんて思ったりしてね。
    でも向こうの方がよくやったよ。
    一緒にいてくれて感謝しかない。
    朝からごめんなさい。
    でも60歳になっても
    決まっていることがある。
    東京音頭を歌って、
    スワローズの傘を振ってると思う。
    新しい出発だから」
    と松居直美の涙にもらい泣きはしたものの、
    笑顔を交え報告した。
    最初の離婚から親身になって
    心配していた松居が最後に
    「あたし達が一生、面倒見ますから」と言うと
    「なんとかなるでしょ」と話した。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905190000139.html


    (出典 minakoro.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 mymobidog.com)



    (出典 bert-bert.com)


    【『磯野貴理子が離婚!「はやく起きた朝は」で告白』女性にとって切なすぎる離婚理由とは!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。広告代理店・マネジメントは株式会社セカンドキャリア。 第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO
    83キロバイト (11,419 語) - 2019年5月16日 (木) 02:56



    (出典 netfree.click)


    井上尚弥の対戦相手の中で
    ロドリゲスは一番の強敵だろう!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/16(木) 06:37:42.31 ID:1MZyEf379.net

     【グラスゴー(英国)共同】
    ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)
    バンタム級準決勝(18日・英グラスゴー)の
    記者会見が15日、英国のグラスゴーで行われ、
    世界ボクシング協会(WBA)王者の井上尚弥(大橋)は
    「もちろんKOを狙っていく」と強気に宣言した。

    昨年10月の1回戦は
    1回1分10秒でKOして強烈なインパクトを残した。

    17戦全勝(15KO)の井上尚に対し、
    19戦全勝(12KO)の戦績を誇る国際ボクシング連盟(IBF)
    王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は
    「ずっと前から対戦したかった相手。
    この試合が実現してうれしい」と余裕を漂わせた。


    5/15(水) 23:33配信 共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000210-kyodonews-spo

    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    (出典 blog-imgs-126.fc2.com)


    【『井上尚弥WBSS!ロドリゲスと準決勝!』世界が注目! 】の続きを読む

    このページのトップヘ