speed速報!

speed速報!2ch最新、人気、話題スレ、おもしろ画像、芸能ニュース,
様々なジャンル、カテゴリーがある、まとめブログ!
毎日の情報ツールに!(・∀・)イイネ!!!と思ったらフォローお願い致します!。

    カテゴリ: 芸能人関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木村 (きむら すすむ、本名同じ、1950年7月29日 - 2019年5月19日)は、日本のお笑い芸人、喜劇役者。かつて吉本興業に所属していたがその後、フリー。「木村進劇団」の代表。多様なボケに、ツッコミも二枚目もできる稀有な芸達者ぶりを発揮し、23歳の若さで吉本新喜劇の座長となった。随一の人気
    11キロバイト (1,831 語) - 2019年5月20日 (月) 14:27



    (出典 res.cloudinary.com)


    当時の新喜劇のスターでした!
    お悔やみ申し上げます。


    1 シャチ ★ :2019/05/20(月) 22:40:43.21 ID:QWZmYsTt9.net

    喜劇俳優で元吉本新喜劇座長の木村進(きむら・すすむ)さんが
    19日、腎不全のため死去した。
    68歳だった。告別式は22日午前11時半、
    大阪市都島区毛馬町2の10の40都島葬祭コスモール都島。
    喪主は妹、龍子(たつこ)さん。

    福岡市出身。1970年に吉本興業に入り、
    23歳の若さで吉本新喜劇座長に就任した。
    「イーッヒッヒッヒッ」と奇声を発するギャグで人気を博し、
    同時期に座長になった間寛平さんと新喜劇の一時代を築いた。


    5/20(月) 22:31配信 読売新聞 間寛平さんと一時代、
    吉本新喜劇元座長の木村進さん死去
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00050272-yom-ent


    (出典 news.nifty.com)


    【『木村進さん68歳死去!吉本新喜劇元座長!』間寛平さんと一時代を築いた名コンビ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    misono 手術後のNosukeに「さらに変わり果てた姿」、金銭面も限界(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
    歌手のmisonoが18日、ブログを更新し、精巣がんで闘病している夫でドラマーのNosukeの手術後の姿を「さらに変わり果てた」と大きな衝撃を受けたことを告白。病室を「1 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    misono(みその、1984年10月13日 - )は、日本の女性歌手、バラエティタレント。本名は神田 美苑(こうだ みその)。 京都府京都市伏見区出身。元エイベックス・マネジメント所属。day after tomorrowのボーカル、作詞を担当し、活動休止後の2006年にソロデビュー。夫はロックバ
    33キロバイト (3,283 語) - 2019年4月20日 (土) 12:32



    (出典 pbs.twimg.com)


    病状の経過が気になりますね( ;∀;)


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/18(土) 23:35:23.55 ID:iN0jqqX39.net

    歌手のmisonoが18日、
    ブログを更新し、
    精巣がんで闘病している夫でドラマーの
    Nosukeの手術後の姿を
    「さらに変わり果てた」と大きな衝撃を受けたことを告白。
    病室を「1分くらいで、出ました」と記した。

    misonoは手術当日、
    複数の仕事を抱えていたが、
    事情を知るスタッフらから
    「病院に行った方が良い」とすすめられ、
    「もし何かあったら、後悔してたから…」との気持ちも
    手伝って病院に向かったという。

    深夜0時前に病院側から「終わりました」
    「麻酔が切れたら少しだけ会えます」と告げられ、
    「集中治療室で会えたのは、
    夜中の1時くらいだったかと?!」と記した。
    続けてmisonoは「Nosukeの
    『さらに変わり果てた姿』が、衝撃的すぎて…
    1分くらいで、出ました。
    何も出来ないし、見てられなかったし…」と
    相当なショックを
    受けたことをうかがわせた。

    医師の説明を家族全員で聞いたそうで、
    「取ったモノを見たのですが…
    寝不足、疲労、体調不良は、ピークだったし。
    精神的にも体力的にもスケジュール的にも金銭面も、
    全てにおいて限界だったし…
    『無理矢理、前向きにとらえてきたけど…
    もうポジティブになれなくても、
    仕方ないよね?もう笑わなくて良いよね?
    もう頑張らなくて良いよね?』」
    などとさまざまな思いがめぐったことを記した。

    「『あともう少しだ』と思えたから、
    辛抱できていたのに?もうこれ以上は、耐えられません。と、
    なってしまいました…笑顔でいられたこの私が、
    絶句…『言葉を失う』とは、この事か。
    全てに向き合って来たこの私でも、
    現実逃避したい位…絶望的でしたが」と胸中を表した。

    しかし、ブログで発信することにより、
    「皆様の力になれますように」との思いでブログに書いているという。
    misonoは
    「・早期発見に繋がりますように。
    ・皆様が人間ドックに行ってくれますように。
    ・がん保険のことも意識するようになりますように。
    ・『精巣がん』という病気の正しい情報が
    広まりますように。
    ・Nosuke official Blogの存在を
    知ってもらえますように。
    ・応援し合える人、励まし合える場所、
    支え合える時間が、増えますように。
    ・仕事がしたいというNosukeに、
    オファーがきますように。
    ・misoNosukeが
    『世の為、人の為になれてますように」と
    真摯(しんし)な思いをつづった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16480335/
    2019年5月18日 21時37分 デイリースポーツ




    (出典 bert-bert.com)



    (出典 hochi.news)


    【『misonoブログで悲痛のコメント!』手術後のnosukeに対し更に変わり果てた姿だと告白!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    貴理子の名前は親が女の子は打ち止めだとの考えより、当て字としてあてられた。 2007年1月1日、芸名を「磯野 貴理(いその きり)」へ改名。チャイルズ時代の改名以来2度目であり、理由として「キリコよりキリのほうが語呂がよいと思ったから」と語ったが、2011年7月1日には芸名を「磯野貴理子」へ再度戻している。
    26キロバイト (3,223 語) - 2019年5月19日 (日) 06:51



    (出典 bert-bert.com)


    24歳下の男性と離婚!
    女性としては辛すぎる離婚理由ですね

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/05/19(日) 08:00:55.25 ID:neDjFa980●.net BE:448218991-PLT(14145)


    タレントの磯野貴理子(55)が
    24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことを、
    フジテレビ系
    「はやく起きた朝は」(午前6時30分)の
    番組内で報告した。

    リスナーからの手紙を紹介している際に、
    磯野が2度目の離婚のことを話しはじめ、
    「急だけど、今度離婚することになったのよ」と
    語ると、話しを聞いた松居直美(51)は号泣。
    続けて「急に何だけど離婚が決まりまして、
    直美ちゃんやめて。
    もらい泣きするでしょ。ごめん急に」と話すと
    「みなさんにちゃんと報告を。
    急に旦那の話をしなくなると、
    ちょっと変かなと思って。
    知らない方もいるかと思いますが、
    夫はすごく下なの。24下なの。
    覚悟はしていたとはいえ、
    向こうから言い出した。
    自分の子供がほしいと。
    そうだよね。自然なことだよ。
    分かったと別の道を歩むことになって」と報告した。

    「ちょっと落ち着いて、よくよく考えたら、
    私まだいけるんじゃないかと子供。
    なんて思ったりしてね。
    でも向こうの方がよくやったよ。
    一緒にいてくれて感謝しかない。
    朝からごめんなさい。
    でも60歳になっても
    決まっていることがある。
    東京音頭を歌って、
    スワローズの傘を振ってると思う。
    新しい出発だから」
    と松居直美の涙にもらい泣きはしたものの、
    笑顔を交え報告した。
    最初の離婚から親身になって
    心配していた松居が最後に
    「あたし達が一生、面倒見ますから」と言うと
    「なんとかなるでしょ」と話した。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905190000139.html


    (出典 minakoro.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 mymobidog.com)



    (出典 bert-bert.com)


    【『磯野貴理子が離婚!「はやく起きた朝は」で告白』女性にとって切なすぎる離婚理由とは!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優である。東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
    32キロバイト (4,064 語) - 2019年5月11日 (土) 19:20



    (出典 top.tsite.jp)


    キングダムで更に知名度上がりましたね( `ー´)ノ

    1 ひかり ★ :2019/05/17(金) 17:18:17.60 ID:8HGtAOFA9.net

    【吉沢亮/モデルプレス=5月17日】
    俳優の吉沢亮(25)の中学時代の過去写真が
    各テレビ番組でフィーチャーされ、
    話題を集めている。

    17日放送のNHK「あさイチ」(月~金、あさ8時15分)
    プレミアムトークでは、
    中学生には見えない茶髪のビジュアルに
    MCの博多華丸・大吉も驚きの声。
    吉沢は事務所に所属して間もない頃の写真だと紹介し
    「今見ると恥ずかしい…」と苦笑い。

    博多大吉が「ちょっと中学3年生にして仕上がりすぎてる」と
    ルックスの完成度に触れると
    吉沢は「今んとこ人生の一番のモテ期で。
    めちゃくちゃモテたんですよ。
    学年の3分の1から告白されました」とモテ伝説を披露。
    しかし当時は親友の彼女に片思いしていたため、
    告白は断っていたという。

    一転、高校時代の写真は黒の短髪で
    ガラリと印象が変化しており、
    大吉は「並べると別人ですね」とまたも驚き。
    イケメンぶりに変わりはないが、
    吉沢は
    「高校入ってから一切モテなくなって。
    男からも女の子からも声をかけてもらえない、
    孤独な高校生活を送っていましたね」
    「友達2~3人とリア充の陰口を
    ずっと言っていた」と話し、
    人見知りな性格はその名残だと明かした。

    俳優生活10周年を迎える今年、
    連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月~土、あさ8時)で演じる
    “天陽くん”が「イケメンすぎる」と話題に。
    ネット上では
    「中学時代の吉沢亮、既に顔が完成していてすごい」
    「3分の1から告白されるって…うらやましい」
    「そりゃあ同級生に吉沢亮がいたら告白するわ(笑)」
    などの声が上がっている。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1839091
    中学時代の吉沢亮(画像提供:所属事務所)

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    高校時代の吉沢亮(画像提供:所属事務所)

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    現在の吉沢亮

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【『吉沢亮!中学時代の過去写真が話題!』人生一番のモテ期だったという!画像あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    高田 純次(たかだ じゅんじ、1947年1月21日 - )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優。東京都調布市国領出身。身長175cm。血液型はO型。愛称は「ちゃん」「じい」「じじい」「Mr適当」「TJ」「ミスター無責任」[要出典]「テキトー男」。自身の所属事務所であるテイクワン・オフィスの代表取締役も務める。
    71キロバイト (10,503 語) - 2019年4月30日 (火) 12:14



    (出典 bunshun.jp)


    高田純次が、またもや交通事故((+_+))

    1 47の素敵な :2019/05/16(木) 00:54:21.49 .net

    タレントの高田純次が、
    東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、
    22歳の男性が怪我を負っていたことが、
    「週刊文春」の取材でわかった。

    事故が起きたのは4月14日。
    被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

    「左から合流してきたポルシェが、
    本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。
    『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、
    ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。
    その後、前を走る車を縫うように
    追い越しながら逃げていきました」

    約15分後、首都高から降りたところで、
    高田は車を降り、Aさんと応対。
    高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、
    そのうち「今20万持ってます」と、
    “示談交渉”を持ちかけた。
    Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、
    高田本人と連絡が取れなくなり、
    弁護士を立てたという。

    事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と
    「全身打撲傷」で、
    全治2週間を要する見込みと診断された。

    高田は、小誌の取材に対し、
    「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。
    その上で、事故を起こしたことは認め、
    「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、
    それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを
    保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

    Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、
    現在は告訴の準備も進めています」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00011919-bunshun-ent 


    (出典 blog-imgs-111.fc2.com)



    【『高田純次が高速道路で事故!10年で三度目!』誠意感じず被害者は告訴する方向?音声あり】の続きを読む

    このページのトップヘ