避難指示(ひなんしじ)は、日本の行政において、住民の生命、財産などに被害が発生する恐れのある地域の住民に対して避難を呼びかける指示避難準備、避難勧告、避難指示の順で危険性の切迫度が高くなる。 日本においては、災害対策基本法第60条において定められており、市町村長が行う。同条で定められている避難勧告よりも緊急性が高い場合に行われる。
4キロバイト (521 語) - 2018年8月17日 (金) 04:31



(出典 i.imgur.com)


全ての人を受け入れることが困難な現状なのね(;'∀')

1 ばーど ★ :2019/07/03(水) 20:00:51.58 ID:9qLkFOFg9.net

市内全域に避難指示が出されている鹿児島市では、
これまでに1800人近くが避難所に避難しています。
ただ、なかには避難所に入りきらず、
別の避難所を案内される人もいるということです。

鹿児島市では、市内全域の27万5287世帯59万4943人に
避難指示が出されていて、
市内の188か所に避難所が開設されています。

このうち、鹿児島市中山にある
鹿児島県医療法人協会看護専門学校では、
午後6時現在、38世帯98人が避難していますが、
避難所として解放されている体育館には、
午後4時ごろから避難者が増えてきたということです。

現在は、体育館のスペースいっぱいに避難した人たちの
シートが敷き詰められている状況で、
なかには別の避難所を案内された人もいるということです。

2019年7月3日 19時33分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190703/k10011981171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

(出典 www3.nhk.or.jp)



(出典 i.ytimg.com)


【【鹿児島市警戒レベル4豪雨】市内全域に避難指示が出たものの避難所不足!各地で土砂崩れ!】の続きを読む